380万円を債務整理する!任意整理と個人再生のどちらを選ぶ?

もし、380万円の借金があって債務整理を考える場合、どのような方法が適しているのかについて考えなければなりませんが、債務整理には「任意整理」「個人再生」、そして最終手段の「自己破産」があります。

 

上記の例のように380万円の借金を債務整理する場合、自己破産まではいかなくとも任意整理か個人再生のどちらを選べばよいのでしょうか。

 

まず減額について見てみると、任意整理は法定利息の引き直し計算をするということ、そして減額後の利息がゼロになるのが通常で、「個人再生」は法定利息を引き直しを基本に、借金は5分の1にカットされます。

 

そして任意整理は債務者に支払いの余裕があるなしに関わらず、支払いすぎていた利息を元金に組入れて計算しなおすことによって借金の減額を任意に請求していくことになります。
一方、個人再生は支払い不能にはなっていないものの、このままでは破産してしまうという状況がある人を救済する目的でできた制度ですので、任意整理と比べると個人再生は、大きく借金を減らすことが出来るようになります。

 

次に返済方法を見ると、任意整理、個人再生とも3年〜5年の分割払いが基本ですが、個々の借金について行う任意整理とは違い、個人再生は借金全てについて検討されることになりますので大きな減額があり、債務者の家族構成や年収などの様々な条件が考慮された上で返済していくこととなります。

 

また、手続きの方法を見ると任意整理は裁判所を介さずに賃金業者との任意の話し合いより解決しますが、個人再生は裁判所の手続きによる方法で、債務者本人宛の書類や通知が裁判所から自宅に届くことになりますし、場合によっては家族の収入の証明書が求められたりすることもあるだけではなく、決められた日時に何度か裁判所に行かなければならない状態になります。

 

これに対して任意整理は弁護士や司法書士に依頼すると、専門家が債務者に代わって交渉をしますので、債務者自身は何もする必要はありませんし、万が一裁判になったとしても、裁判所から通知が来ることがないため、家族に知られることなく債務整理を進めることが出来ます。

 

さらに任意整理は債務の中で請求する債権者を選ぶことが出来ますが、個人再生は住宅ローンを除いた全ての債務に対して再生計画を立て直すことになりますので、任意整理のように整理したい債務を選ぶことができません。

 

これらの様々な点から考えて、毎月の返済額を減らせば返済ができるということであれば任意整理を選ぶほうがよいでしょう。

 

個人再生は独身者であればバレない?親にばれずにできる?

個人再生を利用したくても、家族にバレてしまうのが怖くて躊躇している人もいると思いますが、正直なところ家族にバレずに個人再生をするのは難しいでしょう。
ただ独身者の場合には家族にバレる確率は低いです。

 

独身で家族と一緒に暮らしている場合でも、弁護士に個人再生を依頼すれば、ほとんどバレるとこはありません。
個人再生の弁護士に依頼すると貸金業者とのやり取りは弁護士が窓口になり、依頼者に電話などがかかってくることはありません。

 

では既婚者の場合には個人再生をバレずに行うのが難しいのでしょうか?
既婚者で共働きをしている場合には特に秘密で個人再生をすることは難しく、それは配偶者の給与明細や源泉徴収票が必要になるからです。
言い方などで誤魔化しても、配偶者の給与明細や源泉徴収票などを調達するのはかなり難しいと思います。
独身者ならこう言った書類が不要なので、親が保証人になっていなければほぼバレことはないでしょう。

 

家族にどうしてもバレないように個人再生をしたい場合には『家族にバレずに債務整理可能』というような弁護士に依頼するといいでしょう。
家族に内緒で債務整理を進めてくれる理解ある弁護士を選べば、バレる確率はさらに低くなります。

元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 380万円を債務整理する!任意整理と個人再生のどちらを選ぶ?