車ローン以外を債務整理するには?整理したい借金が選べるって本当?

債務整理を行うというと、全ての借入先や全ての借入金を一斉に整理するというイメージを持ちますが、中には法的な借金整理である債務整理の中に「任意整理」という方法があり、任意整理であれば特定の借入先を整理の対象から外すことができます。

 

その典型的なのが住宅ローンや車のローンで、そのほかには政府系金融機関や銀行からの低利率のローンなどについては整理をしない場合があります。

 

この任意整理のメリットは

 

・弁護士が代理人になって債権者と交渉しますので柔軟な対応ができます。
・裁判所を通さない債務整理ですので、裁判所に足を運ぶ必要がありません。
・任意整理をする借金を選べますので、保証人への請求を避けることが出来ます。
・任意整理をする借金を選べますので、費用が安く済みます。
・もし過払いがあった場合は、お金が戻ってくることがあります。
・和解をした内容が債権名義にはなりません。
・官報に掲載されません。

 

そして任意整理のデメリットは
・任意整理後は信用情報機関に登録されます。
・任意整理で和解が成立すると3年〜5年で全て返済しなければなりません。
・任意整理後、およそ5年〜7年の一定期間は借り入れができなくなります。
・和解が成立しない場合があります。
・返済額があまり減らないことがあります。
・利息制限法の引き直計算後の元本の減額は、通常できません。

 

任意整理のデメリットとは?周囲にばれる心配はない?

債務整理の1つである任意整理は債権者と債務者との話し合いにより債務の減額をするという方法で、一般的に債務整理と言うと、この任意整理からまず検討することになります。

 

ただ、任意整理をするにあたり多くの人々が気になるのはデメリットです。

 

中でも「周囲にバレてしまう」というデメリットがあると思っている人も少なくありません。

 

実は債務整理の中でも任意整理の場合は周囲の人にバレる可能性はかなり低く、内緒にしたまま任意整理を終える人も実際にいます。

 

というのも、任意整理は裁判所が絡むことなく手続きを行うことが出来る方法ですので、周囲に内緒で債務整理を行うことが出来ますし、家や土地、車などの財産を手放したり給料の差し押さえなどもありません。

 

ちなみに債務整理の中の自己破産は財産を処分しなければならなかったり官報に掲載されるなどの理由から周囲にバレる可能性があります。

 

このことから任意整理には周囲にバレるというデメリットは自己破産とは違って「ない」ということになりますね。

 

では、任意整理の具体的なデメリットはあるのでしょうか。

 

・信用情報に掲載される
任意整理をすると個人信用情報に掲載されますので、およそ5年から7年はローンを組むことが出来ませんし、クレジットカードを作ることもできません。

 

・保証人に迷惑がかかる
任意整理をすることにより、債権者から保証人に対して借金返済の請求が要求されることがあります。

 

以上のように債務整理の中でも任意整理は比較的簡単で周りにバレることはない方法ですが、自分の今の状況が任意整理でも問題ないのかどうかということをしっかり弁護士などの専門家と相談することが大切です。

元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 車ローン以外を債務整理するには?整理したい借金が選べるって本当?