債務整理を行わずに住宅ローンの借り換えで返済額を減らすことができる

住宅ローンの負担が大きくなっているのであれば、債務整理を行わずに住宅ローンの借り換えを考えてみるというのも1つの方法になります。

 

ですが安定した状態で返済をして完済するということが目的です。

 

無理がないように計画をすることができないということであれば、債務整理も検討してみるのです。

 

債務整理を考えても自分には合わないと思ったら、住宅ローンの負担が大きな原因である時、住宅ローンの借り換えを考えてみてはどうでしょうか。

 

もし住宅ローンを借り替えた後のほうが毎月の返済額が減るということになったとしても、新たに住宅ローンを組むということになりますので、費用が必要となってしまいます。

 

つまり、このことも合わせて検討しなければなりませんし、住宅ローンの返済に関する状況によっては損失を生んでしまう結果にもなってしまうかもしれないのです。

 

住宅ローンの借り換えを行わなくても、返済の期間を延ばして毎月の返済額をおさえることができるという方法があるようです。

 

ところが、絶対に延長ができるとは限りませんので、金融機関などに相談をすることが一番よいでしょう。
この場合でも費用が必要となります。

 

債務整理の方法により、マイホームを手放さなければならなくなってしまいます。

 

マイホームというのは思い入れがあるはずなのですから、途中まで返済が完了しているのであれば手放したくないという思いを持つものです。

 

ですが債務の状況により、手放さなければならないということもありますし、無理をして返済を続けて後になって手放さなければならなくなるという状況になるかもしれないのです。

 

車のローンを残して債務整理したい!選ぶべき整理方法とは?

多重債務の状態になってしまった時に借金を整理する「債務整理」があります。

 

債務整理をすることによって現在の返済額が減額できますので、負担がかなり軽くなることでしょう。

 

ですが、人よっては「車のローンを残して債務整理をしたい」と考えている人もいるのが現実です。

 

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」がありますが、車のローンを残して整理をするならば選ぶべき方法は「任意整理」です。

 

車の所有権がローン会社にある場合には、信販会社のローンを任意整理の対象にすると車をローン会社に引き上げられてしまいますが、任意整理の大きな特徴に「交渉する対象を選ぶことが出来る」がありますので、ローン会社を任意整理の対象から外すことによって車のローンを残して、つまり車を手放すことなく借金問題を解決することができます。

 

ただし、ローンの支払額が大きい場合は、任意整理を慎重に検討する必要があります。

 

なぜかというと、任意整理では借金の元本が減らないため、借金の返済を続けていかなければなりません。

 

車のローンと借金の元本を支払うことが出来る収入があれば問題ありませんが、後々支払えなくなって再び債務整理をすることになってしまう可能性もゼロではありません。

 

このような状況になった場合、個人再生や自己破産に移行することになり、余計な費用や手間がかかってしまって生活再建の妨げになってしまう可能性があります。

 

そうならないために重要なのは、任意整理で車のローンを残すかどうかを依頼する弁護士などの専門家にしっかりと相談することです。

元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 債務整理を行わずに住宅ローンの借り換えで返済額を減らすことができる