債務整理後に住宅ローンの審査に通ったという話

債務整理を行うと、一生住宅ローンを組むことが出来ないのではと心配している人も多いようですが、その心配は必要ないそうです。

 

ただ、住宅ローンも他のローンと同じく信用情報機関に情報が登録されますので、ローンが一時的に組むことが出来ない状況になります。

 

この期間は5年から7年と言われているのですが、はっきりとした期間については公表されていません。

 

信用情報登録期間が終われば、その情報は削除されます。
つまり再び住宅ローンなどのローンを組むことが出来るようになるということになります。

 

ですが、裁判所を利用しない債務整理手続きの1つ「任意整理」の場合であれば、信用情報機関に登録されて、その情報が削除されるまで5年から7年は住宅ローンを利用することができないというのが一般的だとされています。

 

これは審査を行う会社によっても差があるそうです。

 

まだ債務残高が残っており、信用情報機関の登録情報がまだ残っている場合であっても住宅ローンの審査に通ったという事例があるのが事実です。

 

この事例を見てみると、任意整理の手続きの後、会社や職場の状況が良かったり、事業に成功したりなどといった経済状況が良い方向に進んだという場合だったようです。

 

以前であれば過払い金返還請求をすると信用情報に登録されていたようですが、金融庁の指示によって過払い金の請求を行ってもブラックリストに載るということはなくなったようです。

 

この手続きを行ったとしても住宅ローンに影響することはないのです。

 

車と家を残して債務整理するには?個人再生と自己破産の違い

債務整理の手続きの中に「個人再生」と「自己破産」がありますが、車と家を残した状態で債務整理をするにはどちらがよいのでしょうか。

 

そのためには個人再生と自己破産の違いを知っておく必要がありますが、まず自己破産は原則、債務が全額免責になります。

 

負債総額に制限がなく、他の債務整理の方法とは違って無収入になっても、そして将来収入を得る方法がなくても行うことが出来る方法ですが、この自己破産を行った場合には自己破産申し立てから免責を受けるまでの期間、その資格を使用した仕事ができなくなってしまいます。

 

その資格とは「弁護士」「警備員」「旅行業者」などが資格制限の対象となります。

 

債務の理由を問わない債務整理もありますが、自己破産の場合には「浪費」「ギャンブル」などの免責不許可事由がありますし、住宅や車、土地などの資産は処分対象になります。

 

そして個人再生は、債務総額が大幅に減額になり原則として3年で返済するという計画を立てます。

 

この個人再生を行うことが出来る負債総額は5000万円以下であるということ、そして個人再生を行うためには継続的に一定の収入の見込みが必要です。

 

また住宅ローンは個人再生には含みませんので住宅を失うことにはなりませんし、車についてはローンを全て支払ったのであれば手元に残すことが出来ます。

 

ただし、車は財産としてみなされるため20万円以上の価値がある場合には、借金の減額幅が縮まることがありますし、車のローンが残っている場合には所有者がローン会社の場合、個人再生を行った時点で車が引き上げられてしまいますが、所有者が自分の名前であれば車を残すことが可能です。

元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 債務整理後に住宅ローンの審査に通すには