債務整理を行いたいけれど弁護士費用が払えない…そんな場合はどうするの?

収入が減ってしまった、失業した、不意の高額出費が重なった…などの理由で借金返済が思いがけず滞り、このままでは人生そのものが立ち行かなくなる危機に陥った場合には、法的な手段に訴えて借金問題を解決するのが、ベターでしょう。
その手段を債務整理といい、手続きは弁護士や司法書士を介して進められます。

 

けれど当然弁護士側もビジネスですので、費用の請求が発生します。しかし借金に苦しんでいるのにそんな費用は捻出できるはずもない、これでは結局八方塞がりではないのか、と思われるかもしれませんが、しっかり事務所を見定めれば大丈夫です。

 

弁護士事務所、法律事務所の中には、「相談無料」を謳っているところが少なくなく、また「初期費用(着手金など)不要」「費用は全額後払い・分割払い可能」と支払いに対して融通を利かせてくれているところが少なくありません。

 

お金に困り果てて門戸を叩くわけですから、誠意と厚意を持ってそういったサービスを行っている事務所は、探せば必ず見つかります。決して、弁護士費用を捻出するために新たな借入を行うことだけは行ってはいけません。

 

今ではホームページを開設している事務所がほとんどですので、相談無料、初期費用無料等の明記がなされているかをチェックしながら検討していきましょう。
おおよその目安になりますが、弁護士より司法書士の事務所のほうが費用が安い場合が多いですので、参考にして相談先を探すと良いでしょう。

 

ただ司法書士の場合は、140万円までの債務処理しか行えないと法律上決められていますので、この範囲内の場合の借金がある場合のみ、検討対象になります。

元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 債務整理を行いたいけれど弁護士費用が払えない…そんな場合はどうするの?