債務整理後のクレジットカードはどうなる?使い続けるためにはどうすればいい?

債務整理を行なうと、一生クレジットカードは使えなくなる、と考えておられる方が多いと思います。
基本的には5年間使えなくなる、というのが正しい答えです。
債務整理に関連する事故情報が信用情報機関に伝わり、よく言うブラックリストに登録されている期間は使えなくなります。

 

では、手持ちのクレジットカードを債務整理を行なった後も使い続けることは出来ないのでしょうか?
債務整理をするための幾つかの手段の中で、任意整理を選択することによって可能になります。
どうしてそんな事が可能なのか、と思われるかもしれません。

 

任意整理は交渉する相手を選ぶことができるからです。
あるクレジットカード会社に対し任意整理を行わない場合、その会社はしばらくの間あなたが債務整理をした事が分からないので、そのままクレジットカードを使うことができます。
また、あるクレジットカード会社からはキャッシングをしていない場合も、同じ理由でクレジットカードを使い続けることができます。
でもその後ずっと使い続けられるとは限りません。

 

普通クレジットカード会社は、数か月ごとに顧客の信用情報を確認するからです。
その時に、任意整理をしたことが分かるので、解約されることがあります。
ただし、全部のクレジット会社がこの事を行うわけではありません。

 

でも更新時にはすべてのクレジット会社は信用情報を見るので、クレジットカードが使えなくなる場合がほとんどです。
例外的なケースとして、更新時までに完済しており1回も遅れずに支払いをしている場合、継続利用が受け入れられることがあります。
クレジットカードを使い続けたければ、このポイントをしっかりおさえておきましょう。

債務整理するとクレジットカードは解約になるの?次はいつ作れる?

債務整理をする際に気になるのは、現在持っているクレジットカードはどうなるのかということですが、基本的に持っているクレジットカードに借入がなくても、クレジットカード会社が信用情報から債務整理の情報を確認した時点で解約されてしまいます。

 

クレジットカード会社が信用情報を確認するタイミングがあります。

 

1.与信の確認を行った時
与信は顧客の信用情報を定期的に確認する業務ですが、ここで信用情報が確認され解約通知が送られてきます。

 

この業務をきちんと行う会社は数か月に1度確認しますし、そうではない会社は更新まで行わないなど様々なですので、もしきちんとこの業務を行わない会社のクレジットカードである場合には、債務整理情報がバレることなくずっと利用できることがあるかもしれません。

 

2.クレジットカードの更新
クレジットカードには使用期限があり、その期限が来ると更新されますが、更新時には全てのクレジットカード会社が信用情報を確認しますので、偶然残すことが出来ていたクレジットカードも更新期限を過ぎれば利用することができなくなります。

 

ちなみに債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」がありますが、中でも任意整理であればクレジットカードを選んで残しておけると思っている人もいるかもしれません。

 

確かに任意整理であれば自分で残したいクレジットカードを残すことが出来ますが、手元に残ったクレジットカードも、与信のタイミングや更新のタイミングで信用情報が確認されて解約になってしまいます。

 

これは全く使用していないクレジットカードであっても返済中のクレジットカードであっても同じです。

 

債務整理の信用情報は5〜10年保存されます。
この間は新たなクレジットカードを作ることができないので、信用情報の事故情報が消えるのを待ってから新たなクレジットカードに申し込みましょう。

元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 債務整理後のクレジットカードはどうなる?使い続けるためにはどうすればいい?