債務整理の内容は信用情報に何年間記録がされるのか

ローンやクレジットカードを利用した場合、信用情報に記録が残ることになります。

 

この信用情報には契約内容や返済状況などといった、様々な情報が記録されています。

 

一度記録をされた情報は一定の期間保存されることになるのですが、その期間というのは情報の種類により異なっています。

 

債務整理をすると、その記録は一生残ることになるのかという不安を抱く人もいるのですが、一生ということはありません。

 

ローンやクレジットカードの申し込みをすると、申し込みだけでも信用情報に記録されることになります。

 

審査に通ることがなく契約できなかったとしても「申し込み」という記録は残るのです。

 

その時の記録保存期間は最長で6か月となっています。

 

また、審査に通過して契約に至った場合にも記録されることになります。

 

この場合の保存期間は解約後、最長で5年間です。

 

債務整理の任意整理を行うというのは、借金を減らす方法の1つとなっています。

 

任意整理を行った場合には、任意整理が行われたということと任意整理に関する延滞情報が記録され、その期間は最長5年間です。

 

自己破産は全ての借金を帳消しにするという制度、そして個人再生は家や家財を手放すことなく借金を減額できる制度になりますが、これらを行った場合には5年間、そして全国銀行個人信用情報センターでは最長で10年間保存されることになります。

 

この自己破産や個人再生という債務整理に関する情報に関しては、全ての信用情報機関で共有されることになります。

 

このことからも最長10年間は記録が残ると判断しておくべきです。

 

信用情報機関に情報を登録するタイミングについては、金融機関によって違います。

 

債務整理後にローンが組めるのはいつ?信用情報に傷がつくとはどういうこと?

債務整理は借金返済の負担を軽くするための方法で、実際に多くの人々がこの方法を行っています。

 

実は債務整理を行うと、「事故情報」として個人信用情報機関に登録されてしまいます。

 

つまり、「信用情報に傷がつく」という状態であり、記録されている間は信用情報機関に加盟している金融業者からの新規加入ができなくなってしまいます。

 

信用情報に記録されている期間は債務整理の方法によって異なりますが、例えば完全にゼロにする方法である自己破産の場合、最長で10年間は記録が削除されることがありません。

 

では、信用情報に事故情報が登録されている期間はどれくらいなのでしょうか。

 

  • 支払い予定日よりも3か月間支払いが遅れた場合→およそ5年間
  • 自己破産→10年以内
  • 個人再生→10年以内
  • 任意整理→およそ5年間
  • 特定調停→およそ5年間
  • 個人再生→10年以内
  • 自己破産→10年以内

 

上記期間は個人信用情報機関によって異なるものの、およその目安ではこの期間となっています。

 

この期間を経過すると事故情報が消去されますので新たにローンを組むことが出来ますが、以前に債務整理をした業者であれば再びローンを組むことは難しくなっています。

 

これは、信用情報機関の情報が消去されても、業者側が「この人は債務整理をした」という情報を一生登録しているからです。

 

ですので、債務整理をした別の業者でローンを組むことをおすすめします。

 

債務整理後のデメリット!ブラックリストに載るとはどういうこと?

よく「ブラックリストに載る」と言いますが、実はブラックリストというものは存在しません。 このブラックリストとは信用情報機関が作成している個人信用情報を言い、「異動情報」「事故情報」「延滞情報」などがあります。 つまり「ブラックリストに載る」ということは、信用情報機関が作成している個人信用情報のうち「異動情報」「事故情報」「延滞情報」などが登録されることを言います。 借金の整理を行う方法に「債務整理」がありますが、債務整理を行うとその情報がブラックリストに登録されますので、債務整理を行う大きなデメリットの1つと言えるでしょう。 ちなみに債務整理には ・任意整理 ・特定調停 ・個人再生 ・自己破産 がありますが、「任意整理」「特定調停」の場合は一般的におよそ5年間ブラックリストに登録され、官報にも載るような「個人再生」「自己破産」に関しては7年から10年間登録されます。 それぞれの期間を経過すれば自己破産などの情報も抹消されることになります。 では、ブラックリストに登録されるとどうなるかと言うと、お金を借りることが出来なくなってしまいます。 新規にクレジットカードを作ることが出来なくなったり、消費者金融や銀行からお金を借りることが出来なくなりますし、過去にきちんと返済していた会社からもお金を借りることが出来ません。 さらに住宅ローンや車のローンを借りることも出来なくなってしまうものの、上記の期間を経過すれば借りることが出来るようになります。 ただし、債務整理の請求を行った会社からの取引は情報が抹消されたとしても、会社側が独自で「債務整理を行った」という情報を一生登録していることから、借入の申し仕込みをしても断られる可能性が高いでしょう。 このようにブラックリストに登録されるとデメリットがあるものの、ブラックリストに登録されている期間に借金がない生活を送ることができ、生活を見直すことが出来ます。 この期間を利用して人生の再スタートを始めることができることでしょう。
元多重債務者が徹底的に借金問題の解決について教えるサイトはこちら! 債務整理の内容は信用情報に何年間記録がされるのか